2013年6月24日月曜日

2013/6/21 WAH WAH 御礼!!


金曜日のWAH WAH、たくさんの方々に来て頂いて本当に感謝しております!出番前にウコンを差し入れてくれたMitus the Beats、福島から飛んで来てくれたマーシー、大阪から跳ねて来てくれたサガール・ナオコ、京都から走って来てくれたRUNちゃん、博多から泳いでいてくれたヒデキ、トヨシマ、チャーリー、と、わざわざ各地から来てくれた人もたくさんいらっしゃいました。もちろん、都内や近郊よりWAH WAH初体験の方や、常連の方々もたくさん。感謝してもしきれません。ありがとうございました!

そして、タイトなスケジュールの中集まってくれたDJs!!


ソウルフルないいツボの気持ちエエとこを遠慮なくタンテに載せる安定DJingを披露し、九州#1 Soul/Funk DJの面目躍如、なんとサプライズで「缶バッジ」まで作ってくれたAfro-Tee氏!

ブースに入ればブレイクビーツからメロウなソウルまでLOW&RAWなスタイルのDJing、バーに入れば希代の"飲ませ屋"に、と、常に"らしさ"を示してくれたYosuke Tominaga氏!

極めてしまった感のあるいつものザマン・スタイルながらちょっと黒田っぽいネタも被せてくれて、嫁と一緒にケーキまで用意してくれた中央線の"泣かせ屋本舗"ことRyuhei The Man氏!

こいつらはいつ何時も変わらない。BDイベントだから何か企画してくれてたりするのか?とか考えたボクがバカでした。やはりいつも通り、いつもの危険なBugs Group氏!

この人が居るので今回マニアツクなFunk45sはかけれませんでした。ワタクシのリクエストに応えてUS Jazz45sの深い処まで。Bugs~家永氏とのリレーで「Funk/Reggae/Jazz最深部のヤバい感覚は同じだ」と証明してくれた尾川雄介氏!

黄金期の'60sを敢えて外し、WAH WAHに合わせて'70sのジャマイカン・キラー・スタッフをぶちかまけてくれた世界の家永直樹氏!ディープなレゲエで皆が踊ってる理想の光景を見せてくれました。シャンパン何本開けてくれたんでしょ?

今回は特に家永氏と彼のDJをWAH WAH/THE ROOMのお客さんに聴いて欲しかった。THE ROOM初登場ながら圧倒的なパフォーマンスで"DJの凄み"を見せつけてくれたDJ Koco aka Shimokita氏!

Kocoちゃんが作り上げたファンタジー・ワールドの空気を変えれるのはこの人しか居ない!ということで指名させて頂きました。一曲目にワタクシ企画の"Evil Vibrations"なんてこの人も泣かせ屋、信頼してますザ・DJ!DJ JIN氏!

今回唯一の"パイセン"!日本のクラブ音楽シーンを先頭に立ってずーっと牽引してくれているレジェンド 沖野修也氏!初の7インチ限定セットでしたが、どうひねくれて聴いてみても沖野さんのセレクトでした。いいDJってそういうモンです。

そんな百戦錬磨のパワフルなトップDJの方々による 45rpm×45mins=内容濃密な435分間/16200回転 (+α)=お腹いっぱいタマリバ音楽体験コース、いかがでしたでしょうか?!このパッションを今後も継続していきたいですね。皆さんこれからもよろしく!



それと、45s企画なのに”あの人”がラインナップに入ってなかったね〜、って思った方たくさん居たと思いますが、ご心配なく!
来月7/19のWAH WAHは恒例の夏の風物詩「熱帯ファンクセッション!
ゲストはDJ MURO!ということなのです。

最後に、今回渾身の描きおろしフライヤーを制作してくれたうえに、同デザインのBDケーキまで用意してくれたマイちゃん!ありがとう!泣いたで〜

(写真はDJ果実さんと、THE ROOMさんから拝借いたしました)