2014年3月1日土曜日

TOWER RECORDS SHIBUYA "CHICAGO FUNK SELECTION"


 そろそろ風が強くなる季節ですね。という事で、3月1日より【TOWER RECORDS タワーレコード 渋谷店 4F】にて「WINDY CITY FUNK」というテーマで"風の街"シカゴ周辺のファンクミュージック作品を選盤させていただきました。昨夏のカリフォルニア・ファンクに続くご当地ファンク・シリーズです。


シカゴ・ブルース、サン・ラー、シル・ジョンソン、カーティス・メイフィールド、チェス/カデット、ダニー・ハサウェイ、そして(Pre)アース、ウィンド&ファイアまで。この辺りの人脈/文脈がジャンルを超えて美しく交叉する様をニヤけた顔で楽しめる。まさに’60/‘70年代のシカゴ・ブラック・ミュージックの醍醐味だと思います。そこに彼の地独特の「サイケデリック感」を加味した選盤というのが今回のテーマ。ダニーやカーティス、ブランズウィックなどのメジャーどころは外してあるので、よりディープなところを楽しんでもらえる筈です。

 ただ、シル・ジョンソンをはじめTWINIGHT関連の作品が廃盤、または入荷困難の状態であるというのがかなり痛いところです。あと、カデット周りの再発もあまり進んでないなぁ。メーカーさんよろしくお願いします!*シルに関しては、「COMPLETE MYTHOLOGY」(写真)という、かなりイカツい(4CD+6LP)アイテムが出ております。こちら激プッシュです。


 試聴機が設置されていないのがホントに残念ですが、間違いない選盤をしている筈ですので是非チェックしてみてください。担当者さん曰く、未入荷のセレクトも今後続々入ってくるということですので乞うご期待!